もう大丈夫


また期間が空いてしまった。
ようやく書ける。辛くて書けなかった。

カポの術後、退院が4月10日。
帰宅後カポはシャワールームに居座る。
投薬のタイミングが難しい。

翌日、早朝カポの足音で目が覚める。
よだれが酷く、機嫌も悪い。独りだったけどカポの容態は深刻。
夜霧が漂う中、自転車に乗って緊急クリニックへ。
低体温と痛みの症状が酷いらしく、即入院。
早朝に病院に駆け込むのはこれで2回目。

お昼過ぎに病院から電話があり、何とか体温も、痛みも落ち着いて
退院OKとの事、嬉しい反面、すごく怖い気持ちに襲われる。

この頃から不眠症です。

さらに日本から連絡が入り、祖母の訃報。
この数日前に義父の緊急入院があったり、自分では太刀打ちできない不幸が起こりすぎて
本当に辛い日々でした。相方も辛いのに、
気を遣わしてしまって、そんな自分に嫌気がしても
カポの強制給餌は待った無し。3時間毎に鼻チューブ強制給餌、投薬、よだれ対応と
この時期の記憶ははっきり覚えてません。投薬時間に合わせて動いてました。

カポが自分でご飯を食べてくれるようになって、4月26日ようやく鼻チューブ卒業。
血液検査結果は、後もうちょいで正常値。嬉しかった。

  • 4月26日
CREA: 2.5 (0.8 - 2.4)
BUN: 38 (16 - 36)

で術後1ヶ月経過してようやく落ち着いたと思いきや
膀胱炎...
ご飯も食べず、お水も飲まない。血液検査結果が悪化、静脈注射をお願いして
システムの洗浄するため、一泊入院。血液結果も数値悪化してます。

  • 5月7日
CREA: 2.9 (0.8 - 2.4)
BUN: 60 (16 - 36)

退院後も一週間は投薬の日々。何とか完治した模様。ふー
次は2ヶ月後の検診です。数値が改善されてますように。
e0141814_07184267.jpg























チャイは18歳とは思えない程、元気です。
おしっこが臭わないので、慢性腎不全がこれ以上悪くならないように皮下補液注射と
カポと一緒にIKAPTINを塗した療養食を継続中。長生きして欲しいから。
日常は奇跡ですね。

e0141814_07215205.jpeg




[PR]
by yuksta16 | 2018-05-30 07:32 | blah blah blah... | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://chibichai.exblog.jp/tb/27302737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< いただきました! SUB システム >>


備忘録、猫・音楽・映画、時々ドイツ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
profile
ゆきんこ
飽きっぽいが猫好きは変わらない。
音楽と映画が大好き
ドイツにいます

相方さん
ドイツの大きい人

チビコ Chibiko
サビトラ
1993年2月生
- 2008年3月10日永眠
姉と暮らしていたアパートに現れ、保護。賢さNO.1。引き戸、ドアノブなど人間の動作を見て真似して開ける等、びっくりな技を持つ。
yuksの宝物。


チャイ Chai
長毛MIX
2000年4月6日生まれとする。
当時勤務中のレコード店社長宅で弟と一緒保護される。当時、子猫を飼いたがっていた妹の要望から家族の一員に。ウルチャイ。永遠の末っ子。甘えん坊。ストーカー2018年6月21日、ドイツにて永眠。


カポ Capo
白黒MIX
2007年7月6日生まれとする。
ボランティアグループGo! Catsさん主催の譲る会にて出会う。個性的なマスク+無表情がとっても良い子。ホームステイ初日からマイペース。4月19日、正式に家族の一員に。

links 

Darwinian Theory
SOUL CLAP
AKIRA OSAWA
日原いずみ
ごえもんパンチッ:
Kazuのブログ
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
画像一覧
検索
タグ